省エネ計算で注目されている会社

まずは「省エネ計算」とは何かと簡単に申し上げますと、300平方メートル以上の建物を建てる際に必要となってくる数値を示す計算のことを意味します。

例えば私たちが日常的に使用している電気・給湯・エレベーターや暖房・冷房などに利用しているエネルギーの性能です。

逆に利用するのではなく作り出しているものでは太陽光発電などがあげられるのですが、こちらもエネルギーの性能で先にあげました使うエネルギーと作るエネルギーを総合的に評価し、建物の大きさや用途を考慮し算出した数値は法律である「省エネ法」に必要な数字となってまいります。

大阪に本社を置き2000年8月に設立された「三誠株式会社(さんせいかぶしきがいしゃ)」をご存知でしょうか。

この会社は、常に業界の先を行く対応で2021年4月に法改正された「適合判定(省エネ判定」にも柔軟に対応し組織化された各部署の専門知識を活かして連携し、会社全体で万全のサポートをしてくれる実績のある会社です。

依頼する時は、「問い合わせ」から始まるかと思われます。

法律が関わり大きな金銭が動くわけですから当然、見積もりや対応能力を確認し信頼できる会社なのかを知るためにも必要なアプローチではないでしょうか。

この会社は必要な建物の内容をメールなどで送ると、原則1日以内に見積もりを手配でき全てメールなどでやり取りが完了し、その内容も簡単に記録することができます。

ですのでスピーディーでアフターフォローまで安心して任せられるため、大手の企業も利用しているのだと分かりました。