安全に外壁塗材を塗り替えるなら

一般的にアスベストと言うと、ほとんどの方が連想するのは駐車場の柱や天井、学校の体育館などに吹き付けられている耐火被覆材です。

ところが、アスベストは耐火被覆材だけに使われる訳ではありません。

建築作業向けの仕上げ塗料の素材としても利用されてきた経緯があるのです。

アスベストを塗料に加えることによって、塗ったときに垂れるのを防いだり、塗膜がひび割れるのを防いだりすることが出来たことから、かつてはたくさんのアスベストが含まれている塗料製品が製造されました。

具体的には、建築塗装剤や外壁塗材、舗装向けの塗料だけではなく接着剤や電気絶縁材などに含まれていることがあります。

外壁塗材に含まれるアスベストは樹脂で固着しているので塗膜から飛び散って環境や健康に大きい影響を及ぼす可能性は低いとされているのです。

しかしリフォームするときや建築物を解体するときに塗料を剥がすときに、飛び散ってしまう可能性があります。

この専門会社に外壁塗材の塗り替えや除去を依頼すれば安全に作業を進めてくれて安心です。